top of page

心霊人生相談

この寺行を通じて、あなた様の霊的成長をお助けします。

霊視・霊感だけではなく、霊交渉による相談になります。

 心霊の相談で多いのは、「過去世」を観る相談です。

 霊視ではなく霊交渉による相談になります。

 今日、インターネットの存在は凄いものです。

 何処に居ても、ネットさえ繋がれば、全国の方を観られます。

 地図を開けば、霊の通り道や霊障の有無も、ある程度なら観る事が可能です。

 必要な情報は格段に得やすくなったといえます。

 ただ、ネット上では「除霊」や「浄霊」は、難しい!(微笑)

 しかし、霊の存在は地図であろうと現場であろうと関係ありません。人も同じです。

 ある程度の情報は、地図・名前でわかるもので、とは、そのようなものです。

 心霊は、氣の存在として、認識されれば理解して頂けるものと信じています。

 従って霊の交渉は、「氣」をどこまで知り、どこまで扱えるかという事です。

 故に、自分の身体、体調は大事です。

 時間は二時間程度は必要になります。

 霊障として例えば、憑依によるあなた様の体調の不調もあります。

 この様な体調不良は、除霊・浄霊で改善出来る事があります。

 次に、自分の過去世を知る事により、今世の意義や使命が明快になる事もあります。

 ブライアン・L・ワイス博士の「前世療法」とは違いますが、過去を知るには霊交渉は良いメソッド(方法)です。

当寺では霊視、霊交渉および、過去世を観ます。
神養寺本堂前でお出迎えする代表の写真

 相談の多くは、以下の通りです。

 ・相談者自身に霊的障害(霊障)があるか?

 ・ある場合、どの様な解決法があるか?

 ・住居に霊障があるか?

 相談者自身に憑依した霊の除霊・浄霊などを通じ、相談者の質問に可能な限りは、答えます。

 しかし、霊障というよりは、物の見方、考え方に問題が有る事も多くあります。

 物の見方というのは、物の次元と心の次元という価値観の違いから起こる問題です。

 その気づきを促すことが、問題であることも多くあります。

 霊障は、人の心の問題でもあります。感情問題です。

 「」とは、「人の世に未練がある残存思念の姿。幽体・霊体」の総称です。

 執着は思考のバランスを崩しますが、執着は人ばかりではありません。

 人は、執着から離れる事が出来るなら、何の霊的問題も起こりません。

 しかしながら、それは困難な事です。

人生は苦」御釈迦様はそうおっしゃいました。

 苦は、生老病死にはじまり、五蘊盛苦・愛別離苦・怨憎会苦・求不得苦と、四苦八苦です。

 煩悩には、限りがありません。

 人の悩みは、尽きる事がありません。

当寺の寺行が、一人でも多くの方のお役に立てるならば幸いです。
​霊交渉について
神養寺本堂内で読経をする代表の写真

 当寺の霊交渉は、シャーマン(祈祷師・霊媒師)のような形の霊との交渉術とは違います。

 感性というものは、磨けば磨くほどに鋭くもなり、敏感にもなるものですが、精神修行とはそう言うものです。

 そのように磨かれた感性で、霊と会話していくと、霊もそれに呼応して答えてくれるのです。

 そのようにして、霊交渉を行うのが、私のやり方です。

 故に、かなりの集中力が必要です。

 一日に出来るのは、2・3人が限界です。歳でしょうか、体が持ちません。(笑)

 「霊は霊を導き得ず、人は人を導き得ず。霊が人を導き、人が霊を導く

 この姿がこそが、霊交渉の真髄でしょうか。

 しかし、人が霊を導けるほどに成長するのは、難儀なことです。

 が邪魔してきます。

 人が持つ煩悩欲が、道を塞ごうとします。簡単ではありません。

 人生は、凄いドラマの連続です。

 (知れば知るほどに)上手くいかない事ばかりの人生でも、困難続きの人生であっても、神様は見守っておられます。

自らが求めないものは、与えられないものです。
これは真理です!
​一回り大きな立場で、己の存在を、人生を見つめ直して前に進みたいものですね。
​過去世について
霊峰 飛形山山頂に向かう山道を歩む神養寺代表の写真

 「生まれ変わりて人は有る」

 この事を信じて生きるか、否かで人生の価値は大きく変わります。

 生まれ変われる事は出来ても、自分の好きにはおそらく生まれ変わることはできません。

 人間として生まれてくる事は、宝くじに当たるよりも難しい事だとも云われます。

 しかし、生まれた者はそう感じません。

 神様は、凄いですね。

 己の存在を自分からは決してお示しになりません。

 神様は人を神に似せて創られたといいますが、それもすごいですね。

 あと、人は自らが持つ能力の3%~5%くらいしか一生の間に使うことなく死んでいく事も、神の計らい?

 どのような生き方をすることが、人の持てる能力を「全機(すべて発揮)」出来るのでしょうねぇ?

 「全機」出来れば、世界は平和になるでしょうか?

 これらの問題は、どの様な心の持ち主に成るかで、全て決まります。

 「百匹の猿現象」というのがあります。

 全体の一割が、その全体の残り9割に等しい影響を与えることが出来る現象のことです。

 善が一割の達したら、全てが善。

 逆に、悪が占めたら、全てが悪です。

 地球に人がいる理由がここにあります。

 個人の成長がどれほど大切な事なのかを、察してください。

人の霊的成長は、大切です。
自己を知る。すなわち・・・
如実知自心(にょじつちじしん)です。
この霊との交渉が、そのお役に立てる事を祈ります。
bottom of page